子どものうつ病 生活の問題と対策

子どものうつ病 生活の問題と対策記事一覧

不登校や登校拒否「学校に行けない」原因や対策-子どものうつ病

 不登校や登校拒否、学校に行けない子どもの原因や対策の原因や対策を紹介します。 小学生・中学生の不登校は約12万人います。うちの子にかぎってと思う親御さんもいるかもしれませんが、この数字を見ると決して関係のない話とはいえなくなりました。不登校や登校拒否の原因 不登校や登校拒否の原因を紹介します。学校...

≫続きを読む

 

うつ病の子どもの進級、進学、中退、転校に対する考え方

うつ病の治療中は心身ともに疲れきっている状態です。そんなときは正しい判断はできません。決断したとしてもあとから後悔して将来が不安になることも多いです。これは大人のうつ病にもいえることです。転校や退学など、進路に関わる決断はできるだけ先延ばしにし、学校に在籍しておきましょう。休んでいる間も学校と密に連...

≫続きを読む

 

子どものうつ病 復学について

子どもの回復が目に見えてくると、もう学校に行っても大丈夫なのでは?と思ってしまいがちです。しかし、うつ病をかかえる子ども、その日は調子が良くても、次の日は疲れてぐったりしてしまうということがよくあります。無理をすれば症状が逆戻りすることもあり、余計に不安やあせりを強くしてしまうことにもなります。再発...

≫続きを読む

 

子どものうつ病といじめ

いじめが原因でうつ病になるうつ病になりやすい子どもは、次のような傾向にあります。友達が少ない。人付き合いが苦手である。孤立しがちである。このような傾向があるゆえ、いじめの対象になりやすい面があります。なかには、いじめによって不登校になり、うつ病になってしまう子どももいます。うつ病が原因でいじめに合う...

≫続きを読む

 

子どものうつ病とPTSD

 天災や恐ろしい事件に巻き込まれたなどの体験がトラウマとなり、トラウマによって続いて起こる特徴的な症状をPTSDといいます。 PTSDには、恐ろしい体験の記憶をぶり返すフラッシュバック、原因となった出来事の回避行動、恐ろしい体験が未だに続いているような錯覚を起こすといった症状があります。 PTSDの...

≫続きを読む

 

子どものうつ病とADHD

 集中力や注意力がなかったり、衝動的な行動をとるといった特徴的な症状をADHDといいます。ADHDとうつ病にも密接な関係があります。 小学生のころは「元気の良い子」で通りますが、思春期以降はうつ病にも注意が必要です。 思春期のADHDの子どもは、暴力や問題行動を起こしがちです。周りの人は大変な思いを...

≫続きを読む

 

うつ病の子どもに起こる日常生活の問題

薬物療法や精神療法を長期間受け、その効果が現れて回復に向かい始めていても、完治するまでには、良くなったり悪くなったりを繰り返すでしょう。症状が重い時期などはとくに、普段の何気ない生活をおくることもままなりません。うつ病の子どもの日常生活の問題趣味を楽しめないこれまで楽しいと思ってやってきたことが、楽...

≫続きを読む

 

うつ病の子ども 睡眠障害の問題と対策

 睡眠障害は子供のうつと密接に関係しています。 睡眠障害は、睡眠の状態や時間などにより、いくつかの種類に分かれます。睡眠障害の種類入眠障害 ふとんにはいっても、なかなか寝つけない。考え事に悩まされる。不眠症のひとつです。中途覚醒 眠っても夜中に何回か目が覚めてしまう。不眠症のひとつです。早朝覚醒 日...

≫続きを読む

 

うつ病の子ども 食欲がない・過食

 食欲がない(食べられない)、過食といった症状は命にかかわる怖い病気です。 食欲の変化はうつ病の症状の1つでもありますが、摂食障害を併発している場合もあります。行き過ぎたダイエットが摂食障害を引き起こすこともあります。 摂食障害には、食事を極端に制限する拒食症と、無茶に食べ過ぎる過食症があります。ま...

≫続きを読む

 

うつ病の子どもが起こす暴力や反抗への対処法

うつ病の子どもはうつ気分よりもイライラがよく見られます。ここが大人のうつ病との大きな違いです。イライラのため、うつ病の子どもが暴力を起こしたり、反抗したりすることがあります。ただし、普通の反抗期とは異なり、うつ病の子どもはイライラを物や親にぶつけたあと、「大変なことをしてしまった」と自分を責め、うつ...

≫続きを読む

 

うつ病の子ども 引きこもりになったら

うつ病をきっかけに、学校生活に取り残されたという不安や緊張が強くなり、その結果、引きこもりになってしまう場合があります。逆に、引きこもりの子どもが、うつ病を発症することもあります。いずれにせよ、うつ病と引きこもりが併発している場合は、うつ病の治療を優先します。うつ病の回復とともに引きこもりの改善もめ...

≫続きを読む

 

うつ病の子どもが出す自殺・自傷行為のサイン

 子どもの死因で意外と多いのが、自殺です。平成19年の子供の死因の統計はこちらです。10歳〜14歳1位:不慮の事故2位:悪性新生物(がん)3位:自殺15歳〜19歳1位:不慮の事故2位:自殺3位:悪性新生物 自殺は10歳〜14歳で3位、15歳〜19歳で2位となっています。特に女の子は、手首やひじの内側...

≫続きを読む

 

うつ病の子どもが自殺未遂・自傷行為をした時の対応

子どもが「死にたい」と言ったら、軽く流したり、避けたりしてはいけません。子どもの死にたいほどのつらい気持ちに向きあいましょう。まずは話を聞きます。そして、子どもに生きていてほしいと思っていることを伝えます。また、自殺したいと思うのは子ども自身が悪いのではなく、うつ病という病気がそう思わせているのだと...

≫続きを読む

 

 

 

子どものうつ病用語集