うつ病の子ども 食欲がない・過食

摂食障害(拒食、過食)の症状

 食欲がない(食べられない)、過食といった症状は命にかかわる怖い病気です。
 食欲の変化はうつ病の症状の1つでもありますが、摂食障害を併発している場合もあります。行き過ぎたダイエットが摂食障害を引き起こすこともあります。
 摂食障害には、食事を極端に制限する拒食症と、無茶に食べ過ぎる過食症があります。また、拒食と過食を繰り返す場合があります。

 

拒食症

  • 体重の減少とともに症状は悪化する
  • 気力や集中力の低下
  • イライラ
  • 疲労感
  • 認知の歪み(マイナス思考、感情的決めつけ)
  • 過剰な運動(さらに痩せたいがための焦り)
  • 体重や成績など、数字へのこだわり

 

過食症

  • (食べ過ぎたことへの)自己嫌悪感
  • イライラ
  • 孤独感
  • 無気力
  • むちゃ食い
  • 自分で誘発する嘔吐(自己誘発性嘔吐)
  • 下剤や利尿剤の乱用

 

摂食障害の原因

 自尊心の低さや大きなストレスと考えられています。
 とくに女の子に多い障害です。体重の急激な変化に伴い、栄養失調や無月経など体への影響も現れ、重症になると臓器機能不全により死亡することもあります。

 

女子に多い「思春期やせ症」

 大きなストレスや「モデルのように細くなりたい」という度が過ぎたダイエット願望から、極端に食事を制限したり、食べたものを吐いたりする摂食障害に陥る「思春期やせ症」が、若い女子に増えています。この病気はうつ病と関連が深いです。過食期にうつ状態が見られます。
 治療には早期発見が重要です。遅れると完治に時間がかかるだけでなく、最悪の場合、死に至る可能性もあります。

摂食障害のある子どもへの対応

 摂食障害のある子どもへの対応のポイントを示します。

 

干渉しない・強要しない

 食生活についてアドバイスすると、かえって反発を招いてしまい、治療が困難になります。適した対応は主治医に相談し、専門的な治療に委ねましょう。

 

子どもの考えを理解する

 食べ物や体重について子どもはどう感じているのか、主治医のアドバイスを受けながら、理解しましょう。

 

治療の必要性を伝える

 これからの人生、元気に自己管理しながら生きていくために、治療が必要であることを子どもに伝えましょう。

 

入院治療も視野に入れる

 自己嘔吐や過食など、異常な食行動は、家族が寝静まったあとなど、隠れて行われることが多いです。通院治療だけでは難しい場合は、入院も考えて、治療に専念させましょう。

うつ病の子ども 食欲がない・過食関連ページ

不登校や登校拒否「学校に行けない」原因や対策-子どものうつ病
不登校や登校拒否といった学校に行けない子どもの原因や対策を示します。
うつ病の子どもの進級、進学、中退、転校に対する考え方
うつ病の子どもの治療中、進級・進学・中退・転校の問題は常に付きまとうものです。どのように考えどのように決断すればよいか示します。また、通信制などの選択肢も紹介します。
子どものうつ病 復学について
うつ病の子どもの復学のタイミングは慎重に行いましょう。具体的な方法を示します。
子どものうつ病といじめ
うつ病の子どもはいじめにあいやすい傾向にあります。また、いじめがきっかけでうつ病になることもあります。その対策を示します。
子どものうつ病とPTSD
天災や恐ろしい事件を体験し、以後続いて起こる特徴的な症状をPTSDといいます。PTSDとうつ病にも密接な関係があります。
子どものうつ病とADHD
集中力や注意力がなかったり、衝動的な行動をとるといった特徴的な症状をADHDといいます。ADHDとうつ病にも密接な関係があります。
うつ病の子どもに起こる日常生活の問題
うつ病の子どもに起こる日常生活の問題とその対策を示します。
うつ病の子ども 睡眠障害の問題と対策
うつ病の子どもに起こる睡眠障害の問題とその対策を示します。
うつ病の子どもが起こす暴力や反抗への対処法
うつ病の子どもが起こす暴力や反抗への対策を示します。
うつ病の子ども 引きこもりになったら
うつ病の子どもは引きこもりを起こすことがあります。その対策を示します。
うつ病の子どもが出す自殺・自傷行為のサイン
うつ病の子どもが出す自殺・自傷行為のサインです。見逃さないようにしましょう。
うつ病の子どもが自殺未遂・自傷行為をした時の対応
うつ病の子どもが自殺未遂・自傷行為をした時の対応です。

 

 

子どものうつ病用語集