子どものうつ病といじめ

子どもとうつ病といじめの関係

いじめが原因でうつ病になる

うつ病になりやすい子どもは、次のような傾向にあります。

  • 友達が少ない。
  • 人付き合いが苦手である。
  • 孤立しがちである。

このような傾向があるゆえ、いじめの対象になりやすい面があります。
なかには、いじめによって不登校になり、うつ病になってしまう子どももいます。

 

うつ病が原因でいじめに合う

うつ病で元気がないために、からかわれ、次第にいじめの対象となっていくことがあります。
そのような場合はすぐに学校に相談しましょう。そして、環境が改善されない限り、登校は控えたほうがよいでしょう。

 

いじめのある環境では、うつ病の治療どころではありません。症状が悪化する可能性も高いです。
とくに復学したばかりの時期は、十分な注意が必要です。

 

うつ病が原因で加害者になってしまうこともある

うつ病が原因で「いじめっこ」、つまり加害者になってしまうことさえありえます。
子どものうつ病特有な症状である、「イライラ」「反抗」が、人を攻撃し傷つける行為につながってしまうのです。
そういう子どもは、親が多忙で放任、両親の不仲で不安など家庭の問題があることが多いです。
どんなことがあっても、いじめの加害者になってはいけません。躾や見守りをしっかりとしましょう。

 

いじめられない環境を保証する

いくら精神療法などで治療をしても、学校にいじめの問題があるかぎり、根本的な解決になりません。
うつ病の治療をすると同時に、もういじめられないという環境を保証してあげることが何より大切です。

子どものうつ病といじめ関連ページ

不登校や登校拒否「学校に行けない」原因や対策-子どものうつ病
不登校や登校拒否といった学校に行けない子どもの原因や対策を示します。
うつ病の子どもの進級、進学、中退、転校に対する考え方
うつ病の子どもの治療中、進級・進学・中退・転校の問題は常に付きまとうものです。どのように考えどのように決断すればよいか示します。また、通信制などの選択肢も紹介します。
子どものうつ病 復学について
うつ病の子どもの復学のタイミングは慎重に行いましょう。具体的な方法を示します。
子どものうつ病とPTSD
天災や恐ろしい事件を体験し、以後続いて起こる特徴的な症状をPTSDといいます。PTSDとうつ病にも密接な関係があります。
子どものうつ病とADHD
集中力や注意力がなかったり、衝動的な行動をとるといった特徴的な症状をADHDといいます。ADHDとうつ病にも密接な関係があります。
うつ病の子どもに起こる日常生活の問題
うつ病の子どもに起こる日常生活の問題とその対策を示します。
うつ病の子ども 睡眠障害の問題と対策
うつ病の子どもに起こる睡眠障害の問題とその対策を示します。
うつ病の子ども 食欲がない・過食
食欲がない、または過食といった、うつ病の子どもに起こる摂食障害の症状とその対策を示します。
うつ病の子どもが起こす暴力や反抗への対処法
うつ病の子どもが起こす暴力や反抗への対策を示します。
うつ病の子ども 引きこもりになったら
うつ病の子どもは引きこもりを起こすことがあります。その対策を示します。
うつ病の子どもが出す自殺・自傷行為のサイン
うつ病の子どもが出す自殺・自傷行為のサインです。見逃さないようにしましょう。
うつ病の子どもが自殺未遂・自傷行為をした時の対応
うつ病の子どもが自殺未遂・自傷行為をした時の対応です。

 

 

子どものうつ病用語集