うつ病の子どもに起こる日常生活の問題

心のエネルギー不足のため普段の生活を送れない

薬物療法や精神療法を長期間受け、その効果が現れて回復に向かい始めていても、完治するまでには、良くなったり悪くなったりを繰り返すでしょう。
症状が重い時期などはとくに、普段の何気ない生活をおくることもままなりません。

うつ病の子どもの日常生活の問題

趣味を楽しめない

これまで楽しいと思ってやってきたことが、楽しくなくなり、逆にイライラしたり、憂うつな気分になります。

睡眠に障害が出る
  • 寝付きが悪くなる。
  • 途中で目が覚める。
  • 朝早く目が覚める。
  • 逆に眠りすぎる。

などの睡眠障害が起こります。生活リズムが夜型になって朝起きられず、昼以降から動き出すようになります。→うつ病の子ども 睡眠障害の問題と対策

食欲がなくなる
  • 食事の量が減る。
  • 好きなものでも食べたがらない。
  • 逆に食べ過ぎる。
  • 食べても吐いてしまう。
  • 食べられない時期と食べ過ぎてしまう時期が交互に現れることもある。

うつ病の子ども 食欲がない・過食

問題行動を起こす
  • 暴力をふるったり、暴言をはいたりする。
  • 部屋に引きこもる。
  • 飲酒や万引きをする。
  • 服装が派手になる。
  • 薬物に手を出す。
  • 売春などの反社会的な行動に出る。

など。入院が必要になる場合もあります。→うつ病の子どもが起こす暴力や反抗への対処法

自殺・自傷行為をする
  • リストカットをする
  • 自殺を企てる。

行動を起こす前に、感情の急激な変化や自殺の準備など、何らかのサインが現れることが多い。

身だしなみを気にしなくなる

歯磨きや入浴、着替えなど、今まで普通に出きてきたことが面倒になり、できなくなることがあります。

うつ病の子どもに起こる日常生活の問題関連ページ

不登校や登校拒否「学校に行けない」原因や対策-子どものうつ病
不登校や登校拒否といった学校に行けない子どもの原因や対策を示します。
うつ病の子どもの進級、進学、中退、転校に対する考え方
うつ病の子どもの治療中、進級・進学・中退・転校の問題は常に付きまとうものです。どのように考えどのように決断すればよいか示します。また、通信制などの選択肢も紹介します。
子どものうつ病 復学について
うつ病の子どもの復学のタイミングは慎重に行いましょう。具体的な方法を示します。
子どものうつ病といじめ
うつ病の子どもはいじめにあいやすい傾向にあります。また、いじめがきっかけでうつ病になることもあります。その対策を示します。
子どものうつ病とPTSD
天災や恐ろしい事件を体験し、以後続いて起こる特徴的な症状をPTSDといいます。PTSDとうつ病にも密接な関係があります。
子どものうつ病とADHD
集中力や注意力がなかったり、衝動的な行動をとるといった特徴的な症状をADHDといいます。ADHDとうつ病にも密接な関係があります。
うつ病の子ども 睡眠障害の問題と対策
うつ病の子どもに起こる睡眠障害の問題とその対策を示します。
うつ病の子ども 食欲がない・過食
食欲がない、または過食といった、うつ病の子どもに起こる摂食障害の症状とその対策を示します。
うつ病の子どもが起こす暴力や反抗への対処法
うつ病の子どもが起こす暴力や反抗への対策を示します。
うつ病の子ども 引きこもりになったら
うつ病の子どもは引きこもりを起こすことがあります。その対策を示します。
うつ病の子どもが出す自殺・自傷行為のサイン
うつ病の子どもが出す自殺・自傷行為のサインです。見逃さないようにしましょう。
うつ病の子どもが自殺未遂・自傷行為をした時の対応
うつ病の子どもが自殺未遂・自傷行為をした時の対応です。

 

 

子どものうつ病用語集