子どものうつ病 復学について

復学のタイミングは主治医に相談

子どもの回復が目に見えてくると、もう学校に行っても大丈夫なのでは?と思ってしまいがちです。
しかし、うつ病をかかえる子ども、その日は調子が良くても、次の日は疲れてぐったりしてしまうということがよくあります。
無理をすれば症状が逆戻りすることもあり、余計に不安やあせりを強くしてしまうことにもなります。
再発予防のためにも、復学のタイミングは主治医の指示を仰ぎましょう。

ゆっくり復学

主治医から復学の承諾が出ているのに、子どもが学校を休みたがることがあります。
その時は無理をせず休ませて、できる範囲でゆっくり復学させましょう。
反対に、復学に子どもがあせってしまい、オーバーペースになってしまうことがあります。
親もがんばる子どもを応援したくなる気持ちもわかりますが、子どもの様子には十分注意しましょう。
疲れているようなら「明日は午後からにしよう」や「あさって学校行くために明日は休んでいいよ」などうまくペース配分をするとよいでしょう。

体調悪化のパターンを確認する

登校のペースについては、担任や養護教諭、スクールカウンセラーと相談し、学校側の体制を整えてもらいましょう。
学校側から子どもの状態について説明を求められので、あらかじめ主治医に確認しておきましょう。可能であれば主治医から説明してもらいます。
体調が悪くなったときは、どんな状況だと疲れてしまうのか、こどもと話しあいましょう。そうすることで「たくさんの人にあった」「テストが返ってきた」など、体調が悪くなる時のパターンが見えてくることがあります。
また、無理をするとどうなるかを子ども自身が理解すると、生活のペースを自分でコントロールしやすくなります。

学校への復帰は段階的に

学校への復帰のステップを段階的に上げていき、子どもが通いやすい環境をつくりましょう。登校スタイルは学校と話し合い、主治医の意見もあわせて決定します。

 

復帰へのステップ例

  • 学校にいく時間に起きる。まずは、生活のリズムを整えて体を慣らします。
  • 学校まで行ってみる。学校に入れないようなら、無理せずにそのまま帰りましょう。学校に行けなくても、仲の良い友達と自宅で会うなど、学校との接点を持つようにしましょう。
  • 学校の敷地内に入る。教室に入れないようなら保健室にいくなどでもよいでしょう。
  • 部分的に授業に参加する。午前または午後だけ授業に参加します。宿題やテストなど、期限のあるものはさけないようにしましょう。

このようにして徐々に通常登校へ移行していきます。

子どものうつ病 復学について関連ページ

不登校や登校拒否「学校に行けない」原因や対策-子どものうつ病
不登校や登校拒否といった学校に行けない子どもの原因や対策を示します。
うつ病の子どもの進級、進学、中退、転校に対する考え方
うつ病の子どもの治療中、進級・進学・中退・転校の問題は常に付きまとうものです。どのように考えどのように決断すればよいか示します。また、通信制などの選択肢も紹介します。
子どものうつ病といじめ
うつ病の子どもはいじめにあいやすい傾向にあります。また、いじめがきっかけでうつ病になることもあります。その対策を示します。
子どものうつ病とPTSD
天災や恐ろしい事件を体験し、以後続いて起こる特徴的な症状をPTSDといいます。PTSDとうつ病にも密接な関係があります。
子どものうつ病とADHD
集中力や注意力がなかったり、衝動的な行動をとるといった特徴的な症状をADHDといいます。ADHDとうつ病にも密接な関係があります。
うつ病の子どもに起こる日常生活の問題
うつ病の子どもに起こる日常生活の問題とその対策を示します。
うつ病の子ども 睡眠障害の問題と対策
うつ病の子どもに起こる睡眠障害の問題とその対策を示します。
うつ病の子ども 食欲がない・過食
食欲がない、または過食といった、うつ病の子どもに起こる摂食障害の症状とその対策を示します。
うつ病の子どもが起こす暴力や反抗への対処法
うつ病の子どもが起こす暴力や反抗への対策を示します。
うつ病の子ども 引きこもりになったら
うつ病の子どもは引きこもりを起こすことがあります。その対策を示します。
うつ病の子どもが出す自殺・自傷行為のサイン
うつ病の子どもが出す自殺・自傷行為のサインです。見逃さないようにしましょう。
うつ病の子どもが自殺未遂・自傷行為をした時の対応
うつ病の子どもが自殺未遂・自傷行為をした時の対応です。

 

 

子どものうつ病用語集