子どものうつ病の治療法-薬の服用

治療に使われる薬

 うつ病の症状が軽くない場合は、精神療法や認知療法だけでなく、薬による治療も検討することになるでしょう。
 薬を処方された時は、医師に、子どもの診断名や薬の必要性や効果、副作用等を聞きましょう。
 子どもには、薬でどんなところがよくなるのか、十分説明しておきましょう。
 子どもの年齢が低い場合は「元気が出る薬」など薬の呼び名を変えて、子どもが飲みやすいように工夫するとよいでしょう。
 薬の処方は、主治医の判断で服用します。効果や副作用のあらわれ方には個人差があるので、気になる点は主治医に相談しましょう。→子どものうつ病の治療法-薬物療法の注意点

 

中心は「抗うつ剤」

 副作用の少ない、SSRISNRIという種類の薬を使用することが多いです。
 脳内の神経伝達物質に働きかけて、抑うつ気分やイライラなどの症状が改善します。

 

症状に合わせて別の薬を組み合わせる

抗精神病薬

 不安や緊張感、イライラが強いときに使われます。抗うつ剤や気分安定剤と同様の効果がある種類もあります。
 商品名:セロクエル、エビリファイ、ドグマチール

 

抗不安薬

 比較的軽い不安や緊張感、イライラなどを改善します。
 商品名:セルシン、セパゾン、レキソタン、ワイパックス、デパス

 

睡眠薬

 眠れない、朝早く目が覚めるなど、睡眠障害のタイプに合わせた薬が処方されます。
 商品名:ユーロジン、ハルシオン、マイスリー

 

気分安定薬

 気分の変動があり、不安定な時に使われます。本来は躁病の薬ですが、うつ病の治療にも使われます。
 商品名:リーマス、デパケン、テグレトール

子どものうつ病の治療法-薬の服用関連ページ

子どものうつ病の治療法-休養
子どものうつ病の治療では、休養が大切です。体だけでなく、心も休養させます。
子どものうつ病の治療法-薬物療法の注意点
子どものうつ病の治療における、薬物療法の注意点を示します。
子どものうつ病の治療法-精神療法とは
子どものうつ病の治療で行われる精神療法について説明します。
子どものうつ病の治療法-認知療法とは
子どものうつ病の治療で行われる精神療法の1種である認知療法を説明します。

 

 

子どものうつ病用語集