子どもがうつ病になる原因・症状

子どもがうつ病になる原因・症状記事一覧

子どもがうつ病なのか一時的な憂うつ気分なのかの違い

嫌なことや悲しいことがあれば、誰で憂うつな気分になって落ち込みます。それでも、憂うつな気分の原因の元が解消されたり、時間が経ったりすれば、元気になっていきます。ところが、うつ病になってしまうと、憂うつな気分がとても強く、いつまでも長く続きます。そのため、勉強はもちろん、遊びすらやる気が起こらなくなり...

≫続きを読む

 

うつ病は「気のもちよう」では治らない

生涯で16人に1人は、うつ病になるといわれています。また、年齢や職業に関係なくかかる可能性があり、子どもだから関係ないとはいえない病気です。

≫続きを読む

 

子どもはどうしてうつ病になるのか?

 大人も子どももうつ病が発症するメカニズムは同じです。脳の働きのトラブルによって起こると考えられています。通常の脳のはたらき 「眠い」「楽しい」「悲しい」「痛い」といった感情や感覚が起こるのは、脳の中にある神経細胞(ニューロン)が情報をやり取りしているからです。 その情報交換をしているのが、神経伝達...

≫続きを読む

 

うつ病の症状は心と体に現れる

 うつ病の症状は、大人も子どもも心と体に現れます。 心と体の両面から、お子さんの状態を注意深く見るようにしましょう。 また、うつ病の症状により、生活のリズムが乱れます。これも見逃さないようにしましょう。

≫続きを読む

 

子どものうつ病の特徴

「子どものうつ病はない」といわれていました。それは、憂うつになるのは、人格や性格が形成された大人だけだと考えられていたからです。ところが最近では、子どもがうまく心の状態を表現できないため、子どものうつ病が発見されにくかったのだと考えられています。子どもは憂うつな気分を感じてもうまく表現できません。「...

≫続きを読む

 

うつ病になりやすい子どもの環境

子どものうつ病には次に示すような危険因子があります。いくつかの危険因子が重なりあうことで、発症のリスクが高まります。うつ病の危険因子生まれつき気分が不安定になりやすい。家族にうつ病の人がいる。両親の離婚や虐待、親が病気など、家庭環境が不安定である。マイナス思考が強い。友だちができないなど、人間関係を...

≫続きを読む

 

カフカに学ぶうつになりやすい親との関係

 カフカは「変身」などの作品で有名な文豪です。しかし、彼の遺した手紙や日記には精神的な葛藤が詰まっていました。なかには不安障害やうつ病のような内容も見受けられました。 文豪カフカは遺した手紙の中で父親との確執を著しています。僕が何かあなたの気に入らないことを始めると、お父さん、あなたはいつも、「そん...

≫続きを読む

 

スキンシップが少ないとうつ病などの心の病を引き起こしやすい

 幼児期と学童期にスキンシップが欠落して育つと、うつ病などの心の病を引き起こしやすいと言われています。 子どもが甘えたいときに甘えられなかったりすることで、落ち着きがなく、神経質な子どもに育ってしまいます。そういう子どもは勉強に集中できず、理解力や学習能力の低下につながります。 小学校高学年で勉強が...

≫続きを読む

 

 

 

子どものうつ病用語集