うつ病の症状は心と体に現れる

うつ病の症状は心と体に現れる

 うつ病の症状は、大人も子どもも心と体に現れます。
 心と体の両面から、お子さんの状態を注意深く見るようにしましょう。
 また、うつ病の症状により、生活のリズムが乱れます。これも見逃さないようにしましょう。

心に現れる症状

感情面

  • 憂うつな気分が長く続く
  • 強い悲しみを感じる
  • 不安や焦りを感じる
  • いつもイライラする
  • 些細な事で怒る

意欲面

  • やる気が起きない
  • 集中力が低下した
  • 何をしても楽しくない
  • 入浴や着替えが面倒
  • 人と会いたくない

思考面

  • 考えがまとまらない
  • ひとつの考えにこだわる
  • 悪いのは全て自分のせいだと思う
  • 過去にこだわり、くよくよする
  • 最悪な結果ばかり頭に浮かぶ

体に現れる症状

  • 頭痛
  • 微熱
  • 耳鳴り
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 下痢
  • 便秘
  • 胃痛
  • 食欲不振
  • だるい
  • 動悸
  • めまい
  • 胸が苦しい
  • 疲れやすい
  • 汗をかきやすい
  • 性欲減衰
  • 月経不順、無月経

生活のリズムのくずれ

日内変動

 朝は症状が重く、夕方から比較的元気になる。元気になったと油断して無理をして、翌朝がつらいという悪循環に陥りやすい。

睡眠障害

 うつ病では特に入眠障害が多く見られます。このため、朝起きられないことがよくあります。

  • 寝つきが悪い(入眠障害)
  • 途中で目が覚める(中途覚醒)
  • 朝早く目が覚めて眠れなくなる(早朝覚醒)
  • 眠りすぎる(過眠)

うつ病の症状は心と体に現れる関連ページ

子どもがうつ病なのか一時的な憂うつ気分なのかの違い
うつ病は大人だけに起こるものではありません。子どもにもうつ病は起きます。うつ病か単に一時的な憂うつな気分なのかの違いを紹介します。
うつ病は「気のもちよう」では治らない
うつ病は気の持ちようでは治りません。病気ですから適切な治療が必要です。
子どもはどうしてうつ病になるのか?
どうして子どもはうつ病になるのでしょうか?そのメカニズムと子供ならではの原因を紹介します。
子どものうつ病の特徴
子どものうつ病は大人のうつ病と比べて、きっかけや症状が違うことがあります。子どものうつ病の特徴を紹介します。見逃さないようにしましょう。
うつ病になりやすい子どもの環境
どのような環境で育つ子どもがうつ病になりやすいのでしょう?うつ病になりやすい危険因子、傾向を示します。
カフカに学ぶうつになりやすい親との関係
文豪カフカは遺した手紙の中で父親との確執を著しています。子どものうつ病の原因対策の参考になるかと思います。
スキンシップが少ないとうつ病などの心の病を引き起こしやすい
幼児期と学童期にスキンシップが欠落して育つと、うつ病などの心の病を引き起こしやすいと言われています。

 

 

子どものうつ病用語集