子どもがうつ病になる原因・症状

うつ病は子どもにも関係なくかかる

生涯で16人に1人は、うつ病になるといわれています。
また、年齢や職業に関係なくかかる可能性があり、子どもだから関係ないとはいえない病気です。

うつ病は怠けではありません

うつ病になると、「怠けているのだろう」「心が弱いからだろう」と思われがちですが、それは違います。
また、「気のもちよう」では治りません。
うつ病は気分の問題ではなく、原因があって、心や脳が変調をきたす病気だからです。
そのため、うつ病には適切な治療が必要になってきます。

 

うつ病の自己診断テストを用意しました。子どもの様子がおかしいと思ったら、是非やってみてください。
子どものうつ病 自己診断テスト

うつ病は「気のもちよう」では治らない関連ページ

子どもがうつ病なのか一時的な憂うつ気分なのかの違い
うつ病は大人だけに起こるものではありません。子どもにもうつ病は起きます。うつ病か単に一時的な憂うつな気分なのかの違いを紹介します。
子どもはどうしてうつ病になるのか?
どうして子どもはうつ病になるのでしょうか?そのメカニズムと子供ならではの原因を紹介します。
うつ病の症状は心と体に現れる
うつ病の症状は心と体に現れます。どのような症状が現れるか示します。
子どものうつ病の特徴
子どものうつ病は大人のうつ病と比べて、きっかけや症状が違うことがあります。子どものうつ病の特徴を紹介します。見逃さないようにしましょう。
うつ病になりやすい子どもの環境
どのような環境で育つ子どもがうつ病になりやすいのでしょう?うつ病になりやすい危険因子、傾向を示します。
カフカに学ぶうつになりやすい親との関係
文豪カフカは遺した手紙の中で父親との確執を著しています。子どものうつ病の原因対策の参考になるかと思います。
スキンシップが少ないとうつ病などの心の病を引き起こしやすい
幼児期と学童期にスキンシップが欠落して育つと、うつ病などの心の病を引き起こしやすいと言われています。

 

 

子どものうつ病用語集